映画広告

コストが下がり参入し易くなった映画広告

かつてフィルムの時代では、上映料金以外でコストを圧迫していました。
放映の為のマスターテープ作成、そして1巻ずつプリントするという作業も膨大で、CM素材費だけ100万円を上回ることもありました。
結果的にシネマ広告は高嶺の花と認識されることが多かったことも事実です。
しかし、そういった悩みの種も近年、デジタル化されることにより解消されました。
現在では、費用は各映画館が求めるフォーマットによって多少変動がございますが、劣化することのないクオリティーを保ちながらフィルムの頃では考えられないほどの金額まで費用を下げることに成功いたしました。
シネアドの歴史