映画広告

映画広告の特徴

映画広告は単価ベースでは費用が安く、60秒はもちろんのこと、120秒以上の長いCMを使用されるお客様もいらっしゃいます。 長尺にすることで、15秒では伝えることが出来なかった製品やサービスの背景を伝えることが可能となり、同時にクライアントのブランドイメージ向上にも繋がっていくことも多々あります。
暗闇に巨大スクリーン、そして立体音響という秀逸な環境のもと、放映CMによっては単館上映でのプレミアムな感覚を観客に与えることに成功したり、お客様同士の共有感覚の醸成など、想定外の効果をもたらすこともあるのです。

映画劇場広告 暗闇の効果